一般社団法人 日本酵素・水素医療美容学会 JEHMB

事務局03-6436-9771
資格講座申込お問い合わせ

学会の活動報告

学会報告

【初開催】成功事例発表会を開催しました

2017年6月26日(月)、当学会初の試みとなる成功事例発表会を東京・品川にて開催いたしました。北は北海道から南は沖縄まで、全国各地から会員の方々、総勢約200名が一堂に会しました。今回は、会員様同士の交流を深めていただくために、同じ地域ごとのテーブルとし、発表会では当学会の学術顧問 松山夕稀己先生をはじめ、美容業界を代表する8名の方にご講演いただきました。ご講演された先生方は、早くからこの日のために講演資料をはじめとするご準備を進めてくださり、どの発表もご講演者の色が存分に発揮された、まさに十人十色の発表となりました。そして、発表会はただの講演の場にとどまらず、ご講演者と受講者の方々の魂と魂が共鳴する、そんな熱気と感動に満ちた空間となりました。

佐々木 広行副理事長の開会のあいさつに続き、まず先陣を切ってくださったのは、当学会ファスティング研究部会 部会長の松屋 裕子理事です。松屋先生は、それまでの職歴がないという状況からファスティングスタジオ設立に至るまでの苦難の日々、ファスティングトリップ®、また、ファスティングをお客様にお伝えする際の核となる想いについてお話してくださいました。

続いては、この日のために事前に撮影させていただいた2本の動画のご紹介です。まずは、大島 裕見子理事が「成功への秘訣」として、お客様との向き合い方、自ら運営されているファスティングクラブについて等、具体例を挙げながらサロンとお客様という関係にとどまらず、家族と同じような関係作りをしていらっしゃることを伝えてくださいました。2本目の動画では、鈴木 久美子理事が自ら実践見本となって実感や体感をもとにお客様に接すること、プロとして日々勉強することの重要性、また、公認ファスティング カウンセラー(FC)資格の必要性をお話ししてくださいました。受講者の方々は、鈴木先生のサロン内にある、ファストプロウォーターのそびえたつ壁に驚かれていました。

その後は、織田 玲奈先生がリラクゼーションサロンを開業されるまで、その後、現在に至るまでの「しくじりの日々」について、赤裸々にお話をしてくださいました。ご講演の中で、米粉のシフォンケーキが紹介され、受講者全員がケーキを試食しました。
続いては、当学会学術顧問の松山先生が、「酵素ダイエット」について専門的な内容を誰にでもわかるように噛み砕いてお話してくださいました。酵素の効果的な摂り方やフルーツの効果的な食べ方など、私たちの生活に身近なテーマを扱われ、ご講演の後半には、ファスティングの目的や回復食のレシピをご紹介され、レシピの投影されたスクリーンを必死に写真に収めるシャッター音が会場にこだましていました。

続いては、東北地方を代表して小倉 侑子先生から「3ヶ月で結果を出す!「インナービューティ理論」の活用法」と題して、店舗でのキャンペーンPOPの事例や商品の差別化、スタッフのモチベーション向上など、これまでの発表とはまた違った切り口からお話をいただきました。また、30代になって小学生のとき以来一番軽い体重になったお客様のお話も大変興味深いものでした。

発表会はまだまだ続きます。続いては、高知の廣瀬 恵子先生の「キャッチーで大きな間口と徹底した個別指導と問題解決」のお話です。廣瀬先生が定期的に開催されているプチセミナーやランチ会、お料理教室、食育講座など、文字通り「キャッチーで大きな間口」について、お客様に響くキャッチーなセミナー名について、また、後半では、実際のケースをもとにファスティング指導についてお話してくださいました。

続いては元客室乗務員の栗原先生が「「思って成す!!」おもてなし美事(ビジ)ネス10の法則」として、「サービスとおもてなしの違いを認識する」、「固定概念・先入観を解き放つ」など、ビジネスにおいて心がけるべき10の法則について、1つずつ詳しくお話ししてくださいました。

その後、小野社長が成功事例発表会の締めを務められ、「インナービューティをブログ発信する目的とは?」について講演をされました。小野社長はこれまでに400記事を超えるブログを投稿されており、「ブログ=しごと」でトップがしないのは仕事放棄と同じであるということ、ブログは新規顧客探しではなく、個を出して美容の楽しさを伝えることの重要性をお話しされました。

さらに、当学会本部講師の公認ファスティング カウンセラー(FC)資格取得者特典である「インナービューティ・カウンセリング 食リスク分析アプリ」の活用方法、今話題になっている糖化と終末糖化産物(AGEs)と話題沸騰中の炭サプリメントについて話をしました。
参加者の方々は、テーブルの上に置かれた炭サプリメントに続々と手を伸ばし、気がついたらみなさんの飲み物は黒く染まっていました。

講演時間は5時間以上におよびましたが、参加された方々にとってはあっという間の5時間だったようで、成功事例発表会後の懇親会では、あちらこちらでご満足のお声をいただくことができました。成功事例発表会後は、懇親会、二次会と続き、参加者様同士の深い時間までご交流がおこなわれ、SNS上には盛んに記事がUPされました。