一般社団法人 日本酵素・水素医療美容学会 JEHMB

事務局03-6436-9771
資格講座申込お問い合わせ

学会の活動報告

学会報告

第2回 日本酵素・水素医療美容学会 総会を開催しました

2016年11月20日(日)、一般社団法人日本酵素・水素医療美容学会の二度目となる学会総会を開催いたしました。



当日は、北は北海道から南は九州・沖縄まで、実に150名以上の参加者にお集まりいただき、学会の活動報告とあわせて、サロンビジネス成功事例発表や現役医師である理事メンバーからの講義など、大変盛り沢山の内容でした。

冒頭では、学会副理事長の佐々木がこの1年の学会事業活動について報告しました。
2014年に第1期講座をスタートし、すでに3期まで終了している「公認プロフェッショナルインストラクター講座」においては、これまでに200人以上の美容に関わる方々が参加し、内面美容の重要性をお客様に向けて発信しています。当初は美容サロンのオーナー向けに実施していた当講義ですが、現在はスポーツジムや医療従事者などより幅広い分野の方々に受講していただいており、内面美容への関心がより高まっていることを実感しています。
さらに学会では新しく、カウンセリングの実践ツールとして、21項目の生活習慣から酵素栄養学に基づいた11項目の食リスクの分析が出来る、「インナービューティ・カウンセリング食リスク分析結果シート」のプレスリリースや毛髪ミネラル検査・ファスティング保険等の導入も行っており、今後はサロン経営をサポートできるようなプログラムの開発にも力を入れていきたいと話をしました。

その後、ファスティング研究部長の松屋氏から部会の活動について報告がありました。学会の講座同様にファスティングに対して興味・関心を持つ方々も以前よりも増えており、教員、料理人、医療従事者など様々な業界の方がファスティング合宿に参加しているそうです。知識とあわせ、「実践する場」としてファスティングは重要であり、今後もより重要視されていくでしょう。

またサロンビジネス成功事例として、新たに大阪でサロン経営をスタートした株式会社ビスタンスの小野代表と、24年の美容業界のキャリアを持つ株式会社ツインズの山中代表がそれぞれの事業経営における特徴や成功の秘訣について講義をしてくださいました。普段は聞けないような込み入った部分も包み隠さず話をしてくださり、参加者にとって大変貴重な時間となりました。

その後、本学会の目玉でもある現役医師であり理事を務めてくださる佐野先生と理事長の内藤先生が、医学的知見に基づいた大変内容の濃い講演を行ってくださいました。どちらも最新の研究結果や症例をもとに実証された講義で、参加者は真剣にメモを取りながら話に聞き入っていました。

学会総会後は、皆さんお待ちかねの懇親会です!久しぶりに顔をあわせた参加者同士で近況を報告し合ったり、学会運営事務局のスタッフも一緒に混ざって業界や学会の今後について話し合ったりなど、楽しい時間を過ごすことができました。また懇親会には、急遽美容家のGENKINGさんも駆けつけてくださり、大変な盛り上がりとなりました。
第4期公認プロフェッショナルインストラクター講座は2017年1月29日(日)から開催予定です。皆様奮ってのご参加をお待ち申し上げます!